いつの日か車査定
いつの日か車査定
ホーム > 喘息 > 小児喘息の多くは改善されていく

小児喘息の多くは改善されていく

小児喘息とは、名前の通り、子どもがかかってしまう喘息のことです。

 

1歳から2歳頃に発症することが多いようで、子どもの3%~9%に起こると言われています。

 

喘息は、気管や気管支といった空気の通り道が常に炎症の起きている状態となり、敏感になっているために、少しの刺激で発作が引き起こされてしまうようになる病気のことを指します。

 

特にダニやホコリ、動物の毛などの刺激により、気管支でアレルギーが起こることが原因とされています。

 

最初の症状は風邪をひきやすい、気管支炎を起こしやすいといった所から始まり、ゼーゼーしたり、ヒューヒューという呼吸になってくると小児喘息の疑いが濃くなります。

 

この状態になると、息を吐いたり呼吸するのが苦しくなって、小さな子供は特に大変です。

 

激しく咳き込んでしまったり、ひどいときには呼吸困難に陥ってしまったりするのです。

 

また赤ちゃんのうちは苦しいとも言えませんから、ぐずったり、元気がなくなることが多いです。

 

小児喘息でも発作が軽い状態であれば、遊んだり話したり、食事を摂ったり睡眠をしたりといったことを普通にすることができます。

 

しかし、重度の小児喘息の発作が出ると、自力で身体を動かすことが難しくなり、会話や食事をすることもままならなくなり、睡眠も満足に取れなくなってしまいます。

 

このように発作の程度が重くなるほどに、かかってしまった子どもの苦しみも大きくなっていってしまいます。

 

もっとも、小児喘息は体力がついていけば治まるケースが多く、中学生になる頃には8割くらいの人で症状が治まると言われています。

 

ですから適切な治療さえ受けていれば、思春期の頃までには苦しい状態が改善されていくことを期待できます。

 

ただ、適切な治療が受けられず、炎症のひどい状態が長期間続いてしまうと、成人しても喘息が治らなかったり、治っても呼吸機能に悪影響が残ってしまうことがあるので、楽観視をして病気を放置するのは禁物です。

 

小児喘息だと分かったら、きちんと医者にかかって、治療を受けるようにしたいですね。子供 青汁 人気